低コストに変革|省エネ効果も抜群!自動制御で快適な空間をつくる
ヘルメットを持つ人

省エネ効果も抜群!自動制御で快適な空間をつくる

低コストに変革

ウーマン

工場向けの設備業者のプランの活用方法

製造業者が競争に勝ち残るためには、低コストで質の高い製品を作ることが必要である。また製造コストを下げるためには、あらゆる経費を見直す必要があり、その中でもエネルギーコストの徹底的削減が効果的であろう。また工場における省エネを実現するためには、製造業各社に設備を納入している業者に相談をしたうえで、個別の企業向けの省エネプランを提案してもらうべきであろう。その場合には最新式の空調設備を導入したり製造ラインを導入することで、最も効率的に省エネが実現できるであろう。また太陽光発電も導入することで、単にエネルギー効率を高められる以外にも、地球環境の保全にも貢献できるであろう。したがってコスト以外にも、企業イメージや社会貢献も考えて、工場の設備の見直しを業者に相談するべきである。

省エネ化の標準的な費用とは

工場の省エネ化を考える場合には、その費用も重視するべきである。特に空調設備をすべて入れ替える場合には、工場の規模によっては数千万円単位の予算が必要であろう。しかし工場の建て替えなども含めて総合的に計画を立てるときには、設備投資に見合った成果が得られるので、コスト面でも有利に製造が行えるようになるであろう。またエネルギー効率を高めたいときには、企業向けの各種補助金を活用するのがポイントである。とりわけ中小企業の場合には、自治体による補助金もフルに生かせるであろう。また町工場レベルの事業所であれば、100万円以上の補助金を受けることも可能である。このような補助金で、設備投資額の半分程度の費用を確保できるであろう。